スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最大の悪夢ッ!!

 トラウマレベル8の夢をみた・・・・・・。

 芝居か何かの練習ということでクラスメイト(と思われる)Aが鎧の格好をする。→Aを弓矢で撃つシーンがあるのでクラスメイトの一人が軽い気持ちで鎧を狙って撃つ。次の瞬間Aの姿が視界から消える。→どこに消えたと教室が騒ぎになる。そしてすぐに悲鳴が次々に聞こえてくる。狂ったような悲鳴が。→よくみると教室の向かいの隅のほうのハンガーにかけてあった制服の裏のほうに体がぶら下がっていた。片目が吹き飛んでおり、どう見ても即死。→さらにヤバイ悲鳴や嗚咽が教室を埋め尽くす・・・・・。→その後人が凄惨な死を遂げた場所での日常を過ごす・・・・・・。→※ここで精神が耐えきれなかったのか眼を覚ます。→そしてまた眠るとはじめに戻る。

 見てみないと判らないだろうがこれは今後記憶から消えることの無いだろうトラウマ、全く寝た気がしなかったぜ!!

●その他夢のトラウマ

・片目の異様に大きい犬にドブに無理やり押し込められる夢。犬のこの世のものとは思えない姿の恐ろしさもさることながら、最も苦痛だったのが異様な息苦しさとくすぐったさ。(この以降夢の中では、痛みを感じるはずの場面で息苦しさとくすぐったさを実感するようになる。その為悪夢を連続で見てしまいそうな場合は音楽を聴いたりゲームをしたりして気分転換をするようにしている。)

・植物が生い茂る洞窟の中で狐にとり憑かれた家族や友人が斧を持って襲い掛かってくる夢。(殺されないために、殺した。)

・さっちゃんに下半身を持っていかれる夢。(上半身だけでもがいているところで眼が覚めた。)

・皮膚の下を大量のアブラムシ、百足、蜘蛛が這い回る夢。(テーブルに触れた箇所から虫がわいた。それを取り除くにはそのテーブルを使わなければならず、無限ループ。汗だく、半狂乱で眼が覚める。)

・ゴキブリが全身を這い回(ry・・・・・・!!!(叫びながら起床。)

・赤い水玉模様の照る照る坊主が現れる夢。どんなに捕らえようとしてもうまくかわされ、触れることすら出来ない。(怖くは無いのだが、凄まじいリアリティ。今でも現実だったのではないかと思っている。)


 夢の話はつまらないと一部で聞くが、自分は他人の夢の話を聞くのは好きだ。通常じゃまず考えられないぶっ飛んだ展開をみせるから。たまに眼が覚めた後「今の夢は映画化(漫画化)できる!!」って思ったことは誰にでもあるよね。・・・・・・ねぇかな。
 

 まあ問題はブログ始めてまだ半月も経っていないのにもう夢の話とかネタ切れにも程があるよねっていうところ。背中が気になるのでもう寝ます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。