スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『なサイカリリー』(むりやりリリー)

リリー3積みという情熱。

 シングル戦を意識したデッキ。「守備表示モンスターを滅殺し、無理やりにでもリリーのダイレクトを通す」というのをテーマとしています。

 まずテーマ上リリーは3積み。また、リリーを使いまわせるリミリバも3積みします。また守備表示に対する憎しみを込めて抹殺の使徒、シルクラを積みます。リリー以外のモンスターは攻撃力・汎用性が高いものを採用しました。アサイも考えたのですが「守備表示のモンスターを滅殺する」というテーマにあわないのと、ディスク、カエル、ライロ、ダリウス等墓地利用の多い環境であることを考慮してカイクウにしました。
 リミリバを3積みしているので裏守備表示も潰せるならずを3積みしました。また、シングルでロックにあたると面倒なのと、弾(LP2000)切れ起こしたリリーの処理のためにショッカーを挿してみました。
 あとは汎用性が高く無理やり守備表示に出来るエネコンと、手札がだぶつきやすいのでサンブレを入れてみました。あとはならず使用後のリミリバを使いまわせるハリケーンと、その他必須クラスのカードを適当に入れて完成です。リリーのせいで神宣を積めないのが残念。あとデスカリがいるのでプレミスには注意。LP2000も支払った挙句2枚もカード失ったらそれだけでサレンダーものです。
 サイドデッキは上記の通りシングル戦を意識しているので割りと適当。しかしバーン対策の天道虫が異常に強い!引きさえすればロック、フル、チェーンバーンには負ける気がしない。個人的にはデスウォンより除去されにくいこちらがオススメ。(まああっちはロック抜けるし準アタッカーにもなるけど。あくまで個人的に。)
 魔法効果の矢はロック、ベンケイ、宝玉対策。バインド制限の今、ロックには魔法カードが多くなりがち。(平和の使者、鉄檻、護封剣、時計塔・・・・・・ついでに波動、拷問部屋等も射抜けます。)ベンケイ対策としては、ハリケーン、大嵐、神宣を使われることが多いので正直微妙ですが、お触れをガン無視できるのでそこそこ。宝玉ももう滅多に見ませんが、まだまだ強力なデッキではあるので対策を怠ると痛い目にあいます。ていうかあいました死相
 
 リリーの特性上お互いのライフが高速でふっとぶので勝負がつくのが異常に早いのが利点。トライではそれなりに役立ちます。採用しているカードはガチですが、構築が構築なので勝率は7割程度です。

~各デッキとの相性~
 ●対ライロ 
 カイクウを3積みしているがジェインやガロスに普通に潰されてしまうのであまりあてには出来ない。(奈落穴を採用していないのでカイクウを守りにくいのもある。)2枚除外できれば十分だろう。むしろネクガ落として安心してる相手に一泡吹かせられるのがGOOD。
 リリーはこちらのターンならオネストを恐れず攻撃できる。ただグラゴニスに攻撃力が届かなくなると困る。
 ライロで守備表示といったらライコウ、ネクガ、オネストくらい。抹殺の使徒はどれにうっても、損はしないが、問題はシルクラとならず。ネクガにシルクラ、ならずは少しもったいない。(チェーン死デッキでさらにもったいない!)しかし殴ってみたらライコウでした・・・では意味が無いので、ネクガであることが判っているとき以外は惜しまず使っていったほうが良いかも。
 全体的に厳しいデュエルになる。あまり守備表示にして来ないため抹殺、シルクラが腐りやすく、リミリバはケルビム、ライコウ、ライラに即割られる。まあ墓地が肥える前にリリーが瞬殺してくれれば何も問題無いわけですが。
 ●剣闘
 ラクエルに一方的に殴り殺されるモンスターがこちらには弾切れのリリーと効果使用済みのブレイカーしかいないため(ならずはすぐ使っちゃうよね・・・・・・?)剣闘モン単体でアドを稼がれることがほとんど無いので少しはマシ。ホプロは全然怖くない。なので当然相手はなんらかのサポートカードを使ってくるが・・・・・。
 ・エネコン→具体的な対策方法は無い。厳しい。まあそれはどのデッキも一緒だけど。
 ・収縮→リリーなら全然怖くないぜ。リリーならな!
 ・デーモンスシールド→デスカリ、異次元女なら頑張ってくれるが、リリーに対して突っ込んでこられると面倒。
 ・マニカ→デスカリ、異次g(ry。
 ・和睦→リリーに対して使われると絶望するカード。LP2000か戦闘ダメージ+リリーのどちらかを失い、その上後続まで出てくる。まあLP2000払ってもムルミロ出されて潰されること請け合いなので素直に食らったほうがマシかも。まあその辺は状況次第で。
 ・各種除去カード→純粋なる恐怖。どうしようもねぇ。
 ・・・・・・こんなもんかな?まだ他にあったっけ?打点が高いため少し有利に戦えるが、上記の通りどうしようもない場面が多々ある。やっぱり確実に相手モンスターを除去してから戦闘を行うのが一番の対策になる。・・・・・・まあ戦車搭載されたら終わりですけどね。ええ。
 ●黄泉帝
 カエルは3積みカイクウ、異次元女、抹殺があるためあまり怖くない。帝は一応リリーで殴り倒せるし、デスカリが道連れにしてくれることも。また、偵察者、水晶、執念深き、見習い・・・・・・と守備表示モンスターを多くお眼にかけられるのはやりやすい。
 ●次元帝
 カイクウがほぼバニラになるのが痛い。あとリミリバ腐る。裂け目やマクロス張られた後の生還者や偵察機の処理にも困る。帰還されるの覚悟で除去→リリーを繰り返すことが出来ればよいのだが相手のターンには攻撃表示の帝が飛んでくるのが当たり前。ただし相手は事故率の高い次元帝。リリー相手に手札事故はそのままを意味します。
 ●ロック(バーン・デッキ破壊)
 リリーが平和の使者、バインド、B地区を見事にくぐり抜けてくれます。リリー以外の奴らが誰一人抜けてくれないのは辛いが、相手は守備表示がデフォなのでそんなに怖くない。まあショッカーやサンブレもあるのでなんとかなるでしょ。それに相手のセットモンスターは大概反転する前に葬れるので怖くないよ。
 ●フルバーン・チェーンバーン
 初手にリリーがくれば流石に一歩こちらが早いはず。ただし除去カードが腐りやすいのでそこが怖いね。

 もう解説だるいのでこの辺にしとくぜ。需要ないし。本当に勝ちにいきたいならディスクいれて無茶な3積みをやめればOK.(自分はディスクを闇紅+デスカリ3にかえてしまいましたので持ってないです。)
 あとゴーズがめっちゃ怖い。3400と2700並ぶのは流石にやばい。ライボル温存推奨。


 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。